月別アーカイブ: 2016年9月

BuffaloのNASを新調(3)

さらに続く、NASのリプレース。今度は余ったディスクを再利用して最も古いBuffaloのNASも換装することにしました。
なんとBuffaloだけで3台のNASがあるのですが、いずれも故障してリプレースしており、1代目と2代目の部品を再利用して1代目が復活する形です笑

1代目のNASは下記の写真の左端に出ているものです。

img_7970

1代目は500GB + 500GBの構成でした。これを2代目の2TBと、別件で余った1TBを合体してニコイチにすることにします。
両方入れ替えるとなると、同時に交換したい心境になりますが、BuffaloのNASでそういうことはできません。なぜならOSがハードディスク上に書かれているので、両方を同時に交換するとOSが存在しない状態になり、起動できないのです。そこで、まず1台目だけを交換します。

img_7972

最近のモデルと比べて筐体が大きく、マウンタを使ってネジ止めされ、ケーブル接続されています。ちょっと無駄が多い作りだけど、こちらの方が丁寧に作られている印象ですね。故障したディスクのケーブルを外し、引き出します。

img_7973

出てきたディスク(故障したもの)はサムソン製でした。やっぱ、故障率高いな、、

img_7974

その後、余っていた1TBのディスクを入れ、フォーマットして認識させます。このディスクはファイル置き場にしていたHGSTの1TBで、今でも問題なく動いています。やっぱ、HGSTが一番信頼できるな・・・

img_7975

交換後に、電源を入れて認識させます。

img_7977

この世代のNASは、LED表示が前面パネルに出るようになってますが、こういう仕組みなんですね。現行モデルよりもコストかかってますねー。

img_7978

ディスクは、500GBと1TBの組み合わせなので、設定画面ではこんな感じになっています。

raidmente8

後は、2台目のディスクを交換し、2TB + 1TBの構成でRAID-1を構築すれば完了です。慣れてくると簡単な印象ですね。
このディスクは故障していないのですが、今時、500GBだと使い道がない、、、ので放置決定です。

img_7979

BuffaloのNASを新調(2)

BuffaloのNASは安物なので、ドライブを入れ替えただけで作業は完了しません。
まずは電源を入れて、システムが起動したらブラウザで接続し、RAIDアレイの再構築を行いました。

raidmente1

これで本来は終わりなのですが、新しく入れた4TBが問題なく認識されているので2TB + 4TBの構成にはせず、元々入っていて故障していない2TBのディスクを交換して、4TB 2台にしました。これで4TB + 4TBになり、最大容量を使ったRAID-1を構築することができます。

買ってきたのは同じHGSTの4TB。同一ロットのものを使うと、同時期に故障するリスクが高まるため、同じロットにならないよう、あえて別の店で買ってきました。

img_7962

2台目のディスクは2015年8月のものでした。後で買ったのに、1年以上前のものが来るとは、、不思議なものですね。

img_7964

交換するディスクはこちらです。前回と同じシーゲート製です。こちらは故障していないので、別のもので使うことにします。

img_7965

2台目のディスクを交換し、お揃いになりました・・・

img_7966

これだけでは終わりません。2台目のディスクをフォーマットし、NASのシステムに認識させます。

raidmente4

続いて、RAIDアレイの作成を行い、RAID-1を構築します。

raidmente5

しばらく待つと、RAID構築が完了します。あとは延々とディスクチェックが続きますが、少し重いだけで普通に利用できますので、放置して構いません。

raidmente6

BuffaloのNASを新調(1)

自宅で使っているBuffaloのNASが故障したので、新しいものを入れました。NASはRAID-1仕様のもので2台のディスクで冗長化しているため、ディスクが1台だけ故障してもそのまま使用できますが、万全を期するために、とりあえず新品のNASを購入してデータを移動しました。

買ってきたのは、Buffalo LS420DA5Eという型番のもので、8TB(4TB + 4TB)の容量があります。前のモデルはLS-WXL10Cという型番で4TB(2TB + 2TB)でしたから、容量は倍になります。

両方を並べるとこんな感じ。最近のモデルは非常に小型になり、モデルチェンジしても大きさはほとんど同じままですね。

img_7861

データの移動を終えたら、古いNASを復活させました。古いNASの前蓋を開けると、故障している左側のドライブが赤い点滅をしています。

img_7865-1

故障したディスクはコレです。SeagateのBarracuda 2TB。サムソン製とかに比べて悪い印象はなかったけど、最近のシーゲートはダメなのか。。。

img_7866-1

交換用にHGST  0S03361を買ってきました。4TBの低速回転モデルで、速度は遅いものの、長時間動かしたときの信頼性を高めた製品だそうで、ネットでの評判も上々です。お店の掲示では32MBキャッシュと書かれていたのですが、箱は64MBキャッシュになっていました。

img_7871

中身は、このようなものでした。2016年5月のタイ製造で、かなり新しいようです。ネットでは、32MBと書いてあるパッケージでも中身が64MBのものがあり、その上、型番がALE640以外にBLEとか320とか、いくつか種類があって当たり外れがあるようなことが言われていたのですが、最近買うとパッケージは64MBだし、中身もALE640に統一されている、ということでしょうかね。

img_7873

まずは故障したディスクだけを交換します。ディスク交換は、ドライバーいらずで、下にある爪を下げながらディスクを引き出し、交換用のディスクを押し込んで、S-ATAコネクタがささって固定されれば完了です。

img_7874