月別アーカイブ: 2015年9月

SIMカード購入

今年の9月連休は、久しぶりに海外旅行をすることにしました。実に3年ぶりです!
(去年は、何やってたかというと、草津温泉に居たみたいですね)

連休より一日早めに休んで、JAL特典航空券で成田ー広州に行き、一泊して翌日は香港へ行くことに。
広州へは5時間、広州から香港へは2時間半くらいで行けるみたいです。まあ、これは大丈夫でしょう。

問題は、現地の通信環境。香港に直接ならば移動の仕方も分かっているし、SIMカードも簡単に調達できるので、あまり苦労しないのですが、広州はよく分からん!そもそも、香港と広州でSIMは2ついるのだろうか?

と思って、探していたら丁度良さそうなのがありました。3Gの通信(通話は無し)で1GBまで30日有効というものを150HKDで調達。広東省と香港だけで使えるそうです。

IMG_7798

2016/12/31まで有効のパッケージみたいです。

IMG_7799

残高の追加も、クレジットカードでできるみたいですね。

IMG_7800

こういうのが手軽に事前入手できるようになったことは、大変ありがたいです。

【温泉pH測定】秋田県・蒸ノ湯温泉

年に1回?の訪問になっている、八幡平周辺。今年もやってまいりました。
前回は、後生掛温泉と八幡平山頂を越えて岩手の藤七温泉に行ったのですが、今年は玉川温泉と蒸ノ湯温泉に宿泊。

IMG_6412

蒸ノ湯は、近くの後生掛や藤七に似た、酸性の泥湯だとのこと。泥の有無は、私の場合、あまり気にしないのですが、酸性ならば行かねば!笑ということですね。到着してまずは、旅館の正面を下っていくとある、露天に入りました。男湯、女湯、混浴とあるのですが、まずは男湯から。

IMG_6424

山側に向いて入るようになっているのですが、目の前で噴気が出続けています。ワイルドーw

IMG_6438

ちゃんとpH値も測りました。pH3.29の36.7度で、それほど暑い季節じゃなかったせいもあり、お湯がややぬるいです。(2015/7/5)

IMG_6442

こちらは建物内にある露天風呂です。(今回は入りませんでした)

IMG_6468

こちらは内湯です。

IMG_6481

pH2.51の40.7度でした。これくらいが適温ですね。外と内でpH値がずいぶんと違います。

IMG_6493

そして、早朝に混浴をトライ!ここ、向かい側から丸見えなんですね・・・誰もいなかったけど苦笑

IMG_6516

まずは、手前の大きな浴槽から。こちらは・・・ぬるくて大変でした。pH3.06の34.2度とのこと。

IMG_6522

奥の丸風呂は、温度別になっているようでした。右奥が一番暖かくて、pH2.53の40.1度。うーん、女将は外の混浴のところのお湯は皆同じと言っていたような気がするが、pH値は結構違うなぁ。加水の有無でしょうか。

IMG_6523

しかし、すごい眺めです!逆側から丸見えでもあるわけですが、そういうのを気にさせないくらいの自然がここにはありますね。

IMG_6526

ややお高い宿なのですが、今回は秋田県の旅行券をゲットしていたので半額で泊まることができ、とてもお得な内容でした!(食事もなかなか良かったですよ)

【温泉pH測定】北海道・ニセコ五色温泉・五色温泉旅館

今年の北海道旅行はUAのマイル利用で、行きが帯広、帰りが函館というところだけ決まっていました。その間を埋めるように移動計画を立て、旅行の後半はついに一度も行ったことのなかったニセコへ。宿泊したのは、五色温泉旅館です。

IMG_7490

ニセコというと、外国人の多いスキーリゾートという印象しかなく、父親にとっては原野しかない、というイメージだったそうなのですが、今や北海道でも数少ない地価の下落していない地域だそうで、活況さが伺えます。今回泊まったこの宿はニセコのなかでは外れの方にあり、山小屋でボロいのを想像していたのですが、改装して間もないのか、とても綺麗な部屋でした。

IMG_7494

お風呂は2箇所あります。こちらと、から松の湯で源泉は同じとのこと。

IMG_7503

早速、成分分析書をチェック。なんと総成分量が4500mg超だとっ!んで、pH2.6だそうです。

IMG_7507

こ、これは久しぶりに見つけた「当たり」かもしれません。

IMG_7513

測定値はpH2.34、この濃さといい、pH値といい、これは湯治用としてかなり有力な泉質ですね。

IMG_7512

続いて、から松の湯の方は、こちらは新しい浴室みたいですね。床が石なのでちょっとツルツルして滑るため怖かったのですが、母によると、風呂場に手すりが付いているので、こちらの方が良いらしい。

IMG_7536

こちらはpH2.38でした。同じ源泉というのは確かでしょうね。

IMG_7541

帰宅後に知ったのですが、この宿は別館があるとのこと。てっきり、別館はから松の湯のある方かと思っていたのですが、外に出て歩くと、もう1つ建物があるということだったんですね。別館が分からなくて迷っている人を何度か見かけましたが、これは確かにわかりにくいかも・・・

日帰り入浴客が頻繁に来ていて、とても良いお湯でした。また再訪したいと思います。